犬のリードについてのお話です。

雪の中のタム君

かわいそうだから、リードなしでもちゃんと付いて来るから、ここなら大丈夫、など
理由は色々でしょうがリードをつけずに犬の散歩をしている飼い主さんをよく見かけますが、、

絶対に付けてください。

義務でもあるし犬を守るためのものですから。

創作のモデルになっているタム君ですが、散歩の途中に車にあたって即死しました。
その時リードをつけていなかったのです。
車を運転されていた方も深く傷ついたと思います。その方はすぐに病院まで連れて行ってくれたのです。

あとで後悔してももう戻って来ません。。
その時散歩させていたのは、たまたま別の人がしてくれていたのですが、、
なぜもっと強くリードの必要性について言わなかったか、しなかったか、、後悔です。


なのでタム君は5年という短い間しか生きていなかったのです。
2003年の9月に亡くなりました。
後悔しまくりです。

なので思い当たる方は必ずリードつけて散歩してあげてください。

リードをつけていれば、急に車がきても
緊急回避ですぐに自分の方へ引き寄せてあげられます。

ちなみに私も、散歩してくれていた知人もこの件に関して、立ち直ってます。

DOLLを作り続ける理由は、未だにインスピレーションを与えてくれる存在だからです。

ここを御覧になって、リード無しの散歩に思い当たる方がいれば、
もう一度リードがなぜ必要なのか、考えていただける機会になれば良いなと、想っております。

index
inserted by FC2 system